無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

レイクで本人確認する際の書類

お金に困ったときは、便利なキャッシングやカードローンを利用することもできます。レイクのキャッシング利用する場合は、事前に申し込みと審査が必要になります。そして、契約ができて初めて借入することができるようになるのです。
レイクで契約する場合、いくつかの書類を提示しなければなりません。収入を証明できる書類も必要ですが、まずは本人であることが確認できなければ契約は結べません。
本人確認ができる書類には運転免許証があります。顔写真も載っていますし現住所も確認できますから、運転免許証があれば問題ありません。もちろん運転免許証がなくても本人確認は可能です。パスポートや健康保険証などを提示しましょう。レイクでは外国人の場合は外国人登録証明書でも確認できます。
しかし、現在は本人確認書類に掲載されている住所に住んでいないという場合はどうなるのでしょうか?
もし現住所と確認書類の住所が異なる場合は、電気代や水道代などの公共料金の領収書でも確認できます。また、住民票や印鑑証明書なども必要になりますから確認しましょう。
また住民票などの書類は、発行してから半年を経過したものは使用できません。
本人確認書類を提示する方法としては、パソコンなどに取り込んでからメール送信するか、自動契約機にスキャンさせる方法があります。使い方が分からない場合は、担当者に確認しましょう。

 
スイングトレード